失敗しない葬儀社を選ぶ3つのポイント

パドマホール お葬式 葬儀場ランキング
パドマホール お葬式

急な訃報で憔悴している中で、病院が勧める葬儀社を選んだり、あまり詳しく調べないで葬儀社を選んでしまうと、

・見積もりよりも高い金額を請求されてしまった

・態度やマナーの悪い葬儀社に依頼してしまった

・こちらの希望が通らず、故人の遺志を汲めない式になってしまった

ということがあるかもしれません。

そうなると、嫌な気持ちで葬儀を行ってしまうことになりかねません。

故人様にも申し訳なく思ってしまいますよね。

そのような葬儀にならないよう葬儀社を選ぶ際に大事な3つポイントを詳しく紹介します。

葬儀社の第一印象がいいか

葬儀社に連絡する際の第一印象で、依頼するかしないかを決めることが決めると思います。
その際によい葬儀社か見極めるポイントを紹介します。

電話での質問にしっかりと応対できているか

葬儀社と最初に対面するのは、電話であることが多いと思います。

その際、遺族の質問に的確に答えられる葬儀社をおすすめします。

電話での質問に「〇〇だと思う。」や「多分〇〇」など曖昧に答える葬儀社はやめておいた方が良いです。

なぜなら、見積もり通りの代金ではなく、上乗せされた代金を請求される可能性があります。

なので、曖昧な返答をする葬儀社は止めましょう。

夜間でも、迅速に対応できるか

葬儀社はほとんどが24時間営業している所が多いです。

夜間でも的確なアドバイスや提案ができ、早く対応できる葬儀社が望ましいです。

逆に夜間に連絡した場合に、「連絡が取れない」「対応が遅い」という葬儀社は選ばない方がいいでしょう。

このような場合葬祭ディレクターの人数が不足している可能性があり、葬儀を任せるのに不安を感じてしまいますよね。

なので、深夜でも迅速、丁寧に対応してくれる葬儀社を選びましょう。

葬儀社の第一印象がいいか

葬儀社に連絡する際の第一印象で、依頼するかしないかを決めることが決めると思います。
その際によい葬儀社か見極めるポイントを紹介します。

電話での質問にしっかりと応対できているか

葬儀社と最初に対面するのは、電話であることが多いと思います。

その際、遺族の質問に的確に答えられる葬儀社をおすすめします。

電話での質問に「〇〇だと思う。」や「多分〇〇」など曖昧に答える葬儀社はやめておいた方が良いです。

なぜなら、見積もり通りの代金ではなく、上乗せされた代金を請求される可能性があります。

なので、曖昧な返答をする葬儀社は止めましょう。

夜間でも、迅速に対応できるか

葬儀社はほとんどが24時間営業している所が多いです。

夜間でも的確なアドバイスや提案ができ、早く対応できる葬儀社が望ましいです。

逆に夜間に連絡した場合に、「連絡が取れない」「対応が遅い」という葬儀社は選ばない方がいいでしょう。

このような場合葬祭ディレクターの人数が不足している可能性があり、葬儀を任せるのに不安を感じてしまいますよね。

なので、深夜でも迅速、丁寧に対応してくれる葬儀社を選びましょう。

葬祭ディレクターに関すること

葬祭ディレクターは、厚生労働省が行う葬祭の受注・会場設営・式典の運営に関する知識や技能に関する技能審査に合格すると認定されます。

なので、葬儀に関する知識が豊富で、すべてを取り仕切ることができます。

この葬祭ディレクターが、信頼できる人かが大事になってきます。

どのような葬祭ディレクターが信頼できるかを紹介します。

遺族を気遣ってくれる

亡くなったばかりで憔悴している遺族の気持ちに気遣わず、予算の打ち合わせをしてしまう葬祭ディレクターは選ばない方が良いです。

遺族は、突然の訃報で気が動転し、精神的にも疲れていると思います。

葬祭ディレクターは、遺族を気遣いすこし落ち着いてから、葬儀日程や内容の打ち合わせを行います。

遺族に気遣わず、病院で葬儀の話をしてきたり、強引に話を進めてくるような葬祭ディレクターに依頼するのはあまりおすすめはしません。

遺族に寄り添った提案をしてくれる

信頼できる葬祭ディレクターは、遺族に寄り添った提案をしてくれます。

例えば、

・遺族が希望する予算内での葬儀を提案してくれる

・参列者の予測を立ててくれる

・必要ない物は、あらかじめ説明して減らしてくれる

など遺族に寄り添った提案をしてくれる葬祭ディレクターは信頼できます。

遺族が希望する予算よりも高いプランを提案してきたり、必要ない物を多めに発注して、後から高額な請求を出してくる葬儀社もいます。

また参列者の予測を立ててくれると、料理や返礼品が足りなかったり、余ったりすることがありません。

なので、強引に提案してくるような葬祭ディレクターの場合は、葬儀の契約をしない方が賢明です。

分からないことも丁寧・親切に教えてくれる

遺族は、故人がなくなったばかりで、気が動転していると思います。

しかも葬儀になれていない方だと、余計に不安に感じてしまいますよね。

また突然のことで気が動転して、気がつかないこともあるかと思います。

例えば、

・一等親の女性は和服がいいのか?

・喪主の挨拶は参列者にむけて言う

・喪主の挨拶はどれくらいの時間がよいのか

・葬儀の一連の流れ

など喪主をする機会が無いと、分からないことが多いですよね。

そのような時、分からないことに最後まで耳を傾けてくれ、どんな質問も丁寧に教えてもらえると、不安を少しでも解消して葬儀の臨むことができます。

急な予定変更にも嫌な顔をせず対応してくれる

葬儀は急なことなので、

・お坊さんを呼ばない葬儀にしようと思ったが、親戚に言われて呼びたくなった

・親戚が急に来ることになって、料理の数を増やしたい

など急に変更することもあると思います。

急な予定変更にも、快く対応してくれる葬儀社がおすすめです。

あからさまに不機嫌な態度を取ってきたり、追加料金を請求してきたりされると、残念な気持ちになってしまいます。

あらかじめ、変更があるかもしれないが、対応してもらえるかを尋ねておくと良いです。

葬儀費用に関すること

費用は、葬儀社を選ぶ際に一番重要になると言っても過言ではありません。

費用面で失敗しない葬儀社を選ぶポイントを紹介します。

葬儀費用が明確化されている

最近は、葬儀費用がきちんと表記されている葬儀社が多いです。

また安いプランも多くあり、この値段でできると思い契約される方が多いようです。

しかし基本的なセットだけで実際は、オプションが多く、想定していた額よりも高い金額を請求されたということがあります。

信頼できる葬儀社は、見積もりの段階で、基本セットに入っている物と入っていない物とを明確に説明してくれます。

また追加で必要になった際は、その都度報告し、遺族の承諾を得てから用意します。

説明がない葬儀社は、後から上乗せされる可能性があるので、止めておきましょう。

利益が少ない葬儀でも丁寧に対応してくれる

利益が少ない直葬や家族葬を希望すると、「こちらのプランはどうですか?」と高いプランを提案してくることがあります。

また利益が少ないプランを行うと、あからさまに態度が変わり、雑な対応をされることがあります。

またこのような葬儀社は、利益が少なくなりそうなことが起きても、報告しない場合もありえます。

例えば、ドライアイスの量が思ったより少なくても何も言わず、そのまま請求するということもありえます。

しかし良い葬儀社は、利益が少ないことが起きてもきちんと報告し、代金から減らしてくれます。

利益が少ない葬儀を希望しても、丁寧に対応してくれる葬儀社を選びましょう。

費用の支払期日に余裕があるか・支払い方法が多様に用意されているか

支払期日に余裕があるかも重要になってきます。

急な訃報で、葬儀が終わった後は、精神的・肉体的にも疲れていると思います。

そんなときに、支払いが近かったり、支払い方法が現金で一括など選択肢が1つしかなかったりすると代金を集めるのが大変ですよね。

支払期日に余裕があると、代金の準備にバタバタせずゆっくり準備することができます。

中には、葬儀の翌日に代金請求の電話をかけてくる葬儀社もいます。

支払い方法が、現金だけでなくクレジットカードも対応していたり、一括での支払いではなく分割に対応していたりする葬儀社がおすすめです。

また支払期日に余裕があるか、支払い方法に選択肢があるかも事前に確認しましょう。

まとめ

失敗しない葬儀社を選ぶ3つのポイントは次の通りです。

1つ目は、葬儀社の第一印象がいいかです。

・電話などで依頼する際に、曖昧な回答はせず、的確に答えられている

・夜間でも、迅速に対応できる

ことが葬儀社を選ぶ際、大事になってきます。

2つ目は、葬祭ディレクターに関することです。

・故人様が亡くなったばかりの遺族を気遣い、日程や時間を調整してくれる

・遺族に寄り添った提案をしてくれる

・分からないことも丁寧・親切に教えてくれる

・急な予定変更にも嫌な顔をせず対応してくれる

このような葬祭ディレクターは信頼することができます。

3つ目は、葬儀費用に関することです。

・葬儀費用が曖昧ではなく、明確化されている

・利益が少ない葬儀でも丁寧に対応してくれる

・費用の支払期日に余裕があるか・支払い方法が多様に用意されているか

を抑えておくと、費用面で失敗することは少なくなります。

葬儀社を選ぶ際、遺族のことを一番に考えサポートしてくれる葬儀社を選ぶと、暖かく心に残る葬儀を行うことができます。

何か不信感を感じたら、契約する前でしたら変更することもできます。

余裕があれば、何社か調べてみたり、見積もりを取ってみたりして慎重に選ぶことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました