貝塚市でオススメの葬儀場

皆様は「死」と真正面から向き合ったことはありますか?

残念ながら、身内に不幸が起こるタイミングを

正確に図ることは不可能です。

予期してないタイミングであればあるほど、

自分に近い存在であればあるほど、

そのショックは大きいものになりますよね。

そんな最中に遺族が、

一から情報を集めてご葬儀を進めていくことは

精神的に大きな負担を伴います。

温かい気持ちで故人を見送る為にも、

事前に葬儀場の選定をしておくことや、

最低限の知識を蓄えておくことがとても重要なポイントになるでしょう。

そこでこの記事では、

突然身内に不幸が起きてもパニックを起こさず、

スムーズにご葬儀を執り行う為の事前準備と知識。

大阪市貝塚市周辺エリアでご葬儀を考えられている方に

是非おすすめしたい葬儀場(セレモニーホール)

総合葬儀会館パドマホール貝塚」のご紹介をさせていただきます。

具体的には

・お葬式とお通夜の違い・流れ

・事前に葬儀場を選んでおく理由

・貝塚市周辺のご葬儀に「総合葬儀会館パドマホール貝塚」をおすすめする理由

・まとめ

以上の順番でご紹介していきます。

お葬式とお通夜の違い

そもそも「お葬式」と「お通夜」って「何がどう違うんだっけ?」

お若い方や葬儀の参列経験が少ない方はこの様な疑問をお持ちの方も少なくないのではないでしょうか。

まずは各々が一体どういった流れや意味を持つのか掘り下げていきましょう。

お通夜の意味・流れ

一般的にお通夜は亡くなられた次の日に行われます。

元々は親類・縁者が集い、

葬る前の故人を守るために夜通し眠らず線香(ろうそく)に火を灯し続けるという儀式でした。

最近では18時頃から開始され長くても日が変わるまでにはお開きになる「半通夜」と呼ばれる

形式で執り行われる事が多くなっています。

ご遺族・参列者が故人と過ごす最後の夜です。

翌日の告別式や火葬で「永久の別れ」を迎える前に

お通夜で故人の死をしっかりと受け止めて気持ちに整理をつけます。

またお通夜を省いて告別式のみを執り行うことで、

葬儀を1日に短縮する「一日葬」と呼ばれるケースも近年普及しつつあります。

お葬式の意味・流れ

お葬式とは前述の通常「お通夜」翌日に執り行われる「告別式」と「葬儀」をセットにした総称です。

簡単な告別式と葬儀の違いは以下の通り

【葬儀】

・遺族・近親者が故人を弔い成仏させるための行為

・宗教的要素を含めた儀式

【告別式】

・生前故人と関わりの深かった友人や知人が最後の別れを告げるもの

・宗教的要素を含まない社会的な式典

本来は葬儀が終わり僧侶が退出してから告別式が執り行われるものでしたが、

現在は簡略化され、まとめて一連の流れで行われるのが一般的になっています。

お別れの儀が終わり、葬儀場から出棺して霊柩車で火葬場へと向かいます。

お通夜・お葬式中に気持ちの整理をしたつもりでいても、改めて「死」という現実に大きく心を揺さぶられてしまうもの

葬儀後、故人への「不安・寂しさ・現実」からなるべく早く立ち直る為にも

不幸が起こる事前に「死」と向き合う時間を作り、心の準備をしておくことがとても大切です。

事前に葬儀場を選んでおく理由

葬儀場以外にも

・喪主を決めて、担当者と打ち合わせ

・死亡相談所・火葬許可証の手続き

・日時・費用・内容を決めて参列者へ通達

これはほんの一部分ですが、遺族は同時にこれだけのスケジュールをこなさなければなりません。

深い悲しみと慌ただしさに追われながら、膨大な情報の中から葬儀場を選んでも

ただ「近いから」という、安易な理由で選んでしまう可能性も出てきます。

予約が必要な場合がある。

人が亡くなる時期を図ることはできないので、葬儀場への予約は基本的には必要ありません。

しかし近年、都市部を中心に死亡者数の増加から葬儀会場が足りず「葬儀難民」という言葉が取りざたされています。

葬儀場を決めなければ火葬場を決めることはできません。

しかもその火葬場も数が足りず、予約をしても何日も待たされるケースがよく見られる様になってきました。

つまり葬儀場選びに時間をかけていると、

全体のスケジュールを更に遅らせ、遺族を苦しませる結果に繋がりかねないのです。

後悔しない葬儀場の選び方

今の時代は情報を得る術がたくさんありますが、ただ闇雲に調べていても本当に欲しい情報は手に入りません。

ではどのような基準で葬儀場を選んでいけばいいのでしょうか?

一口に葬儀場といっても会場によってできることは全く変わってきます。

選ぶうえで大切なポイントを4つご紹介致します。

1.アクセス方法

思わず見逃してしまいがちな、大事なポイントになります。

予算と施設規模がどれだけ希望とフィットしていても、

駅から徒歩1時間以上の道路舗装もされてない様な場所だと参列者は来るだけでも大変です。

なるべくアクセス方法が豊富で、参列者がストレスを感じない場所を選びましょう。

2.会場の規模

参列者数が会場規模より多いと、人が溢れかえってしまいますし、

逆に会場規模が参列者より大きいと寂しい印象を与え、費用もかさんでしまいます。

事前にある程度の試算を出しておきましょう。

3.宗派(宗教)

故人の宗派とは違う手順の儀礼・手順で葬儀を行ってしまうと、

最初から葬儀をやり直さなくてはならない様な後々に大問題に発展することがあります。

各宗派に対応してくれる葬儀場であるか、しっかり確認をとりましょう。

4.施設が充実しているか。

選ぶ施設によって設備面が全然違ってきます。

ご遺体の安置・宿泊・会食・火葬も同じ施設内で行えるタイプや、

セレモニーの音楽や演出をプロデュースしてくれるタイプの葬儀場もあります。

充実した設備・機能が揃っていると、それに応じて費用もかかってきますので、

葬儀を執り行う上で「ここだけは欠かせない」という要望を出しつつ、予算と相談しながら綿密にリサーチを行いましょう。

貝塚市周辺のご葬儀に「総合葬儀会館パドマホール貝塚」をおすすめする理由。

総合葬儀会館パドマホール貝塚

これまでご紹介した葬儀場選びのポイントを全て高いレベルでクリアしています。

なぜそこまで自信を持っておすすめできるのか、

その理由をポイント毎に見ていきましょう!

おすすめ理由 その1)豊富なアクセス方法

貝塚中央線に面しており貝塚市役所が近くにある為、目印としても非常にわかりやすいです。

駐車場は三か所用意しており、なんと最大100台まで収容可能となっています。

最寄り駅の「水間鉄道貝塚市役所前駅」まで距離は約500mと、

車・電車でのアクセスも便利になってるので、参列者にとって利用しやすい葬儀場と言えるでしょう。

おすすめ理由その2)少人数~100人以上に対応した多様性のあるホール。

総合葬儀会館パドマホール貝塚には、最大収容人数200名の社葬や大型葬にも対応できる1階式場。

そして家族葬を想定し、10名から利用することができる小さな式場・法要会場が2階に設置されています。

多様な葬儀スタイルと各式場のバリエーションから

ご遺族の希望に沿った、思い出に残るセレモニーを演出することが最大の強みです。

おすすめ理由その3)万全のサポート体制

総合葬儀会館パドマホール貝塚は平成19年の3月にホールが開かれ、

翌年には貝塚市の市営葬儀の受託業者として登録。

現在は岸和田市・泉大津市の市営葬儀の受託も請け負い、

地元の町内会・老人会と協定を結び、地域密着型の葬祭ホールとして住民に貢献。

・全宗派に対応した葬儀対応

・素人には選定が難しい供花の手配

・葬祭補助費の申請のお手伝い

葬儀中・葬儀後問わず、サポートがとてもしっかりしているので、

末永い繋がりを結ぶことができます。

宿泊設備等の充実した施設

総合葬儀会館パドマホール貝塚は遠方にお住いの親族も安心して、

参列できる様に宿泊設備・シャワールームを完備

またご遺体を安置できる和室が二間用意されており、

ご家族と最後の時間を静かに過ごすことができます。

その他にも最大100名を超える会食が可能な食事室等、

筆舌尽くしがたい、豊富な施設・機能が実装されています。

最後に

遺族にとって後悔の無い葬儀を執り行うにはやはり、事前準備が一番重要です。

そのなかでも、あらかじめ信用できる葬儀場をピックアップしておくことは、

後々の葬儀スケジュールを円滑にし、精神的な負担を軽くしてくれるでしょう。

今回はその代表例として

「総合葬儀会館パドマホール貝塚」を紹介させていただきました。

貝塚市周辺にお住いの方々は是非、ご参考にしてくだされば幸いに思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です